お久し振りです。
10日近く間があいてしまいましたが、これからのことについて語ります。
現職のほうは、2012年7月27日に退職願を提出し、8月31日まで働くことに決定しました。
8月いっぱいは、まだ現職に籍がありますので営業活動はできません。

その間に資格の勉強を進めようと思います。

まずはパソコン整備士検定
こちらの資格はNPO法人の「パソコン整備士協会」が主催する検定試験で、
パソコン修理業に必要な診断・分析力、技術力、問題を解決するための知識を問われる試験です。
いきなり何の資格も持たない人が「壊れたパソコン修理します」と言ってきても誰も相手をしてくれないと思います。
そこで、この資格が第三者の目線で十分な知識と技術があるという事を保証してくれます。

次にマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト 通称・MOSです。
この資格は、マイクロソフト社が主催する資格試験で、ワード・エクセル・パワーポイント等の製品ごとに個別の資格となっており、パソコン教室等の場でオフィスソフトの使い方を教える程度の能力があることを証明します。
これもぜひ取りたい資格です。

それから、IT関係であれば必ず持っているべき資格の
情報処理技術者試験。別名ITパスポートといいます。
これは独立行政法人の情報処理推進機構 通称IPAが主催する試験です。
昔はシステムアドミニストレーター試験(シスアド)と呼ばれていました。
シスアドと呼ばれていた頃は、ITのプロでも合格率があまり高くない、難しい試験と言われていました。

上に書いた3つの他にも、役に立ちそうな試験があったら受けていきたいと思います。

それから、最初の予定では、実家を離れ、アパートを借りて事務所として使おうと考えていたのですが、貯金も資本金もゼロの状態から始めますので、収入が安定しないうちからアパートを借りて生活するというのは厳しいので、実家に住ませてもらいながらアルバイトを基本収入として、
修理業を掛け持ちでするというのが現実的であるという結論に至りました。

これからの人生、期待もあれば不安もある。ここで負けるわけにはいきません。常に前進あるのみ。
人生、いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもない。そう考えて前向きに、頑張っていきたいと思います。

頑張ろう。勝ち鬨を呼ぶ拳はひとつ。闘いはここから。闘いは今から。